ぴかぴかベルと

現在某ゲーム会社で勤務しながら長女の子育て中。出産・育児にまつわる雑感。

「月曜日の朝、スカートを切られた」と同じ経験をした私が娘の母親として思うこと

欅坂46のこの曲が話題になっている。
自分も全く同じ経験をしたことがあり、娘もいて思うところがあるので少し書いてみる。


f:id:MiG:20170801214600j:image

私自身の話をする。
確か高校二年生だった。当時まだ営団地下鉄だったころの千代田線で通学していた。
いつも通り学校について朝礼の挨拶「規律、礼」のところで後ろの席の子の「あ、スカート」の声で気がついた。スカートの後ろ、10cmほどが縦に裂けている。
最初に思ったのは「どっか引っ掛けたっけ?」で、悪意のある攻撃を受けたとは本当に思いもしなかった。
先生に保健室に連れて行かれて代わりの制服を貸してくれ、親に連絡が行った。
私立の女子校だったのでそこそこ大事になったらしい。
親に「覚えてないけどどっかで裂けちゃったのかも」と言うと「こんな切れ方するか馬鹿」と返ってきた。
摘んで切ったような跡があったらしい。親は犯人に滅茶苦茶キレていた。
その後のやり取りはあまりよく覚えていない。多分鉄道会社などには学校から報告したのだろうと思う。
特に身体を触られたわけでもなく、ただ制服を切り裂くという悪意のあり方があるという事にとにかく驚いた。

言っておくが高2の私は太っていて顔もぼやけているし、当時は安室奈美恵が大ブームだったがそれに倣ってダサい制服のスカート丈を短くするわけでもなく、凡庸としか言いようのない容姿だった。
加えて通学時間帯の千代田線は満員電車ではあるが隙間は多少あり、自分の身にまさかそんなことが起こるとは俄には信じることができなかった。

この出来事が自分の中で大してトラウマにもならず、その後も若干警戒しながらも普通に電車通学ができたのは周りの大人が即座に反応して対処してくれたことが非常に大きかったと今になって思う。
母はこっちが引くほどキレていたし、なんか悪いなと思うほど学校の先生たちは心配して対応してくれた。
おかげで自尊心を損なうことなく残りの女子校生活をのほほんとエンジョイすることができた。

欅坂46の「月曜日の朝、スカートを切られた」に話を戻す。
MVを見たが、よくできている。
タイトルのフォントもスタイリッシュで、画面はアンニュイなトーンで統一され、女の子たちは美しい。
曲調も思春期に抱える鬱屈を表現できている。とは思う。

非常に狡猾なのだ。

誰かの憂さ晴らしでスカートを切られても黙っている、何かに抗っているような雰囲気だけは醸している。雰囲気だけ。そんな曲を魅力的にラッピングして少女たちに歌わせる大人の存在。
それこそが邪悪だ。

例えばMVに出てくる女の子がこの曲を自分で作って歌ったのならそうは思わなかったかもしれない。
すべての表現にポリティカルコレクトネスが必要だとも思わない。
歌詞に共感する子たちも多いだろう。私の娘もいま思春期くらいの年齢なら熱心に聴いていたかもしれない。

その子達がスカートを切られたとき。
誰かの憂さ晴らしに利用されたら、暴力を受けたら。

怒っても悲鳴を上げてもいい。この曲の歌詞みたいに息を止める必要なんてまったくない。私が一緒にブチ切れてあげる。

少女達には抑圧と諦念のなかで過ごして欲しくない。自分以外に都合のいい価値観を内面化して憂鬱にならないで欲しい。

私は秋元康的な世界観にNOを突き付け続けようと思う。

娘が保育園で作ってきた工作?が綺麗で可愛くてうれしかった他愛もない話

娘が保育園で作った工作をちょくちょく持ち帰ってきます。
昨日もいつものように先生からもらったのですがこれが大人目線でもいい色使いで、おおー蜷川実花みたい!と勝手に盛り上がってました。

これです。写真撮るの難しい。
f:id:MiG:20170724222412j:image

コーヒーのフィルターを2枚繋げてリボン(ちょうちょ?)の形にする

水性ペンで自由にお絵かき

霧吹きでシュッシュと水を吹きかけてぼかす

という工程を経て作成したらしい。


保育園の先生方は毎日遊びにたくさんの工夫を凝らしてくれて本当に感謝しかない。

この工作ひとつをとっても

- 「普段とは違う形の紙」
- 「あまり使わない水性ペン」
- 「霧吹きで水をかける楽しさ」
- 「色が変化する驚き」

といくつもの面白さや発見が遊びのなかに詰め込まれています。

こんな遊びはなかなか自分じゃ思い付かないし、思い付いたとしても腰が重すぎてたぶん実行しないだろうことが予想できます。

 

いやーほんと保育士さんってすごい、プロだ!と日々感じることばかりです。
給与が低く抑えられてることの意味が全くわからない。

今月の絵本②「どうぶつあいうえお」ペラペラとめくって楽しく動物雑学が増えた

先日国立科学博物館へ行ってきたときに動物が好きな娘へのお土産に買ってきた絵本「どうぶつあいうえお」。
 
 f:id:MiG:20170714132955j:plain
 ※画像はhttps://www.amazon.co.jp/より
 
「あ」~「ん」まで動物が1コマずつグラフィカルに配置され、コマがところどころめくることができるようになってます。
ペラペラと楽しい。子供も喜んでめくっていました。
 
 
文章が一つの動物につきワンセンテンスの豆知識が書いてあります。
小さな子供(今うちの娘は2歳10ヶ月です)でも覚えやすいみたいで
「夜になったからなまけものが起きるねえ」とか「つるは片足で寝るの」とか唐突に豆知識を披露してくれます。
 

f:id:MiG:20170720091853j:plain

 
「セミには目が5つある」とか大人でも「マジかよ?!」と思うような文もあり、読み聞かせしてても飽きません。文章が短いのでラクでもあり。
 
紙が丈夫なのも地味にポイントです。この手の絵本は繰り返し丈夫さが大事。今のところめくる部分もヘタってくる様子がありません。
 
 
 
絵や色彩もひとコマずつ工夫されていて(丸ゴシック体がカワイイ)オシャレな雰囲気もありプレゼントにしても喜ばれそうかも。
ここ最近娘にあげた絵本の中ではかなりの大ヒットでした。
 
著者のseesaw.は、イラストレーターの伊藤和人さんとシラキハラメグミさんによるイラストレーションユニットだそうです。
公式には素敵なイラストがたくさんありました。同じシリーズの絵本もっと作ってくれないかなあ。

f:id:MiG:20170720164943g:plain

 
勉強になる度:★★★★
耐久度:★★★★★
オシャレ度:★★★★
読むのがラク度:★★★★★
娘ヒット度:★★★★★

 

どうぶつ あいうえお
どうぶつ あいうえお
posted with amazlet at 17.07.14
リーバン
売り上げランキング: 84,709

幼児向け映画の予告編にはもうちょっと気を遣って欲しかった話

三連休に2歳10ヶ月の娘を連れて現在上演中の「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」を観に川崎ラゾーナ内にある109CINEMASに行ってきました。
娘はこれが初映画館です。
 
109CINEMASはキレイだし、席もゆったりしてて子供用の座席の高さ調整椅子も貸してくれる。ベビーカー置き場もある。ラゾーナ内にあるので食事やおむつ替えにも困らない。
子連れには痒いところに手が届くサービスを提供してもらってありがたい映画館です。
 
そんなもろもろを踏まえた上であえて109CINEMASにひとこと言いたい。
 
アンパンマンの映画の予告編にエイリアンをぶっこむのほんとやめて
 

 
ないない。
 
アンパンマンってディズニーなんかと比べてターゲットゾーンがすごく狭くて、1歳~4歳くらいまでが観客のボリュームゾーンだと思います。大人は付き添い。
その付き添いの保護者をターゲットにした予告だとわかってはいますが、これはないよ。
 
初めて映画館に来る娘が泣いたり怯えたりしないか心配で「大丈夫?」と聞くと
「こわいの」と言いながら画面を見据えていました。
画面を遮ったほうがいいのか?と中途半端に娘の前に手を覆ってみたりしてる間に予告編は終了しました。
 
子供のために映画館に来てるのに親である自分たち大人への広告で子供を怖がらせたら本末転倒なので「何考えてんだ?」と思いました。
そもそも、もし泣いちゃったら本編見るのに影響が出る。
 
その他に予告編で流れたのは覚えてる限りこんなラインナップでした。
自分が過保護なモンペ予備軍かと不安になりますが、やっぱり未就学児対象の映画の予告には相応しくないんじゃないかな。
 
ちなみに本編は推しカレーパンマンが活躍したので割りとコンパクトなストーリーながらも楽しめました。
娘も楽しそうに最後まできちんと観賞していたので良い映画館デビューになりました。
 
ゲストキャラのブルブルはやなせたかしの「やさしいライオン」の主人公と同名です。
こちらももの哀しくも優しい絵本でとてもお薦めです。いい意味でアンパンマンとはイメージが違います。
 
やさしいライオン (フレーベルのえほん 2)
やなせ たかし
フレーベル館
売り上げランキング: 7,647

ヒアリが怖い、自分はいいんだけど

何が怖いって最近はもっぱらこのニュース。
 
新潟でヒアリ?見つかる 段ボールから数十~100匹
 
これもう絶対に内陸進出してるやつだ。
 
今までだったら特にアウトドア派でもないしさして気にするほどでもなかったであろうニュースです。
しかし今はほんとに嫌で怖いのです。なぜなら↓
 
2才児クラスで空前のアリブーム
 
が巻き起こっているからなのです…。
 
先日保育参観にて園児たちと公園に遊びに行く機会がありました。
 
f:id:MiG:20170707164233j:plain
砂場の道具を手にしてはアリの捕獲を試み、花壇にアリがいればものすごく近寄って見つめ、帰り際にはアリにさようならの挨拶をする。
二歳児はとにかくアリが大好きなようで。
 
ヒアリ上陸以前ならそれはもうとてもほほえましい光景だったのに、こんなタイミングで本邦進出を図らないで欲しい。
そして私自身虫がかなり苦手なのでニュースでヒアリ写真(特にアップ)が登場するたびに一瞬心臓止まりそうになるのでまとめっぽく【閲覧注意】とか付けてほしいっす…
 
ひとまず、もし刺されても即ヤバいというわけではないそうなので、
なるべく早く病院へ&保健所に連絡というところでしょうか。
 
そう言えばセアカゴケグモとかマダニとかあれもどうなったんでしょう。
もう普通に定着しちゃったのかな。
 
 

今月の絵本①「すてきな三にんぐみ」

2歳10ヶ月の娘にあげた絵本、今月1冊目は「すてきな三にんぐみ」。
1969年に発表された古典的名作ですが、Amazonのレビューでもわりと賛否両論になっています。
 

暗めの雰囲気で個性的な絵

子供が食いつきやすい絵柄ってあってだいたいこんな感じの可愛いやつ。

f:id:MiG:20170706152519j:plain

ただ甘いお菓子だけじゃなくて世界にはもっといろいろな味があることを知って欲しいと考えているので、絵本を買ってあげるときはなるべく↑のような絵柄じゃないものを選ぶことが多いです。
この「すてきな三にんぐみ」、ベースが彩度低めの暗いブルーで主人公の三にんぐみは黒いシルエットという幼児向けっぽくない絵柄ですが、きれいです。

富の再生産

あらすじはこんな感じ(Amazonより)

宝集めに夢中だった三人組の大盗賊が、ひょんなことから全国の孤児を集め、お城をプレゼントする。

簡素かよ。
まあ要約すれば上の通りなんですけど、私はピカレスクな雰囲気をベースに富の再生産を描いた話と読みました。
  
レビューなんかでは「三にんぐみがいいことをしたって元は泥棒だし微妙な気持ちになる」的なものも結構ありますね。意見が分かれるところなのでしょう。
善悪が話の中で揺らいでいて定まっていないところに居心地の悪さを感じる人も多いかもしれません。
悪人はずっと悪人でなければいけないのか?ともちょっと考えました。

日本語訳がよい

原文で読んでいないので英語の方はわからないのですが、日本語訳の文章が良いです。
「あらわれでたのは」「すみをながしたようなよる」とか口語では使わないような文章に子供が触れる機会になるのもいいですね。
読み聞かせするときはいつもよりちょっと低いトーン恐ろしげにで読むと親の私も楽しかった。
 

子供の反応

娘の反応もそこそこ良かったです。「さんにんぐみよんで〜」と持ってくることもしばしば。

ただラストのページの意味がまだイマイチわからないのか、「おしまい!」という感じは受けていないっぽく、読み終わりに毎回ちょっと微妙な雰囲気が漂います…。

たぶんきちんと意味がわかるのはもう少し先になりそうなので、そういう意味では息が長く楽しめそうな絵本でした。

 
すてきな三にんぐみ
すてきな三にんぐみ
posted with amazlet at 17.07.06
トミー=アンゲラー
偕成社
売り上げランキング: 4,138

2歳10ヶ月児育児中のタイムスケジュール

ブログ再開のリハビリがてら何となくタイムスケジュールを書き出してみる。
二年もブログ放置してたとは日々の移り変わりの速さに驚くばかり。
 
7:00~7:20  起床・娘起こしグズグズをなだめる~トイレに連れて行く。夫は朝食準備
7:40 朝食
8:10 娘歯磨き・着替え等の登園準備
8:30 自分の身支度始める
8:50 夫が娘を保育園に送り出社
9:00 掃除機・ゴミまとめ・トイレ掃除・洗濯のどれか一つやる。
9:20 出発
10:00~17:00 仕事
17:40 娘お迎え
18:00~18:30 帰宅・娘と遊ぶ
19:00~夕食(おかずは週末に夫が作り置きしたものを解凍)
20:00~風呂
21:30~就寝。スマホタイムからの寝落ち。
 
f:id:MiG:20170704132612p:plain
 
座る暇が…ない…